さかまつ毛 痛み 根本的 原因 症状 対処法

さかまつ毛の痛みの根本的な原因と症状、対処法

スポンサーリンク

【眼に傷が付く原因】
さかまつ毛とは、簡単に言えばまつ毛が逆さを向いてしまっている状態です。
本来は目の外側に向かって巻いているようなまつ毛ですが、さかまつ毛の方はこれが眼球に向かって向いてしまっている事が痛みの原因となります。
このさかまつ毛の痛みの原因のため、事あるごとにまつ毛が眼球に入ってしまい、そのせいで目が傷ついてしまっているような状態なのです。

 

このさかまつ毛の痛みの原因の対策として、抜くか否か、皆さんはどう考えておられるでしょうか。
さかまつ毛の痛みの原因の対策として抜くか否かを考える上で、抜いてもまた同じ状態で生えてきてしまう、という点を考慮することができます。

 

そうです、さかまつ毛の痛みの原因の対策としてたとえ一度抜いたとしても、また生えてきてしまうのが大きな問題点です。
ですからさかまつ毛の痛みの原因の対策として抜くか否かを考える時に、もちろん抜くのも緊急的な対応ですが、それによって根本的な症状が改善されるわけではありません。

 

私達の眼球は非常にデリケートなものです。
ですから、まつ毛によってであっても傷つけられ、それが最悪の場合失明につながるという可能性も否定できません。

 

 

【さかまつ毛の種類】
さかまつ毛の痛みの原因となる症状として、眼科的に眼瞼内反症と、睫毛乱生症の二つに分けられます。
さかまつ毛の痛みの原因となる症状は、どちらも何らかの原因によって通常体から外向きに扇状に揃って生えるまつげが逆向きに眼球に向かって生えている状態のことを言います。

 

さかまつ毛の痛みの原因となる症状の一つ、眼瞼内反症とは、まつ毛全体が通常の逆に眼球へ向かって生えている状態で、さかまつ毛の痛みの原因となる症状のもう一つである
睫毛乱生症は、正常に生えているまつ毛がある中で、一部不規則に生え眼球に向かっているものもある、という状態を指します。

 

スポンサーリンク

 

【さかまつ毛の対処法】
 さかまつ毛の痛みの根本的な原因はその生え方にあります。
そのため、さかまつ毛の痛みの原因を根本治療する対処法としては、最終的には手術という選択肢に辿り着きます。
子どもの場合、成長とともに少しずつさかまつ毛の痛みの根本的なの改善がみられる場合もあるため、小学校を卒業する
ころくらいに時間が経っても、さかまつ毛の痛みの根本的なが改善されない場合は手術を検討するのも一つの選択肢です。

 

しかし、多くの場合は痛みの原因となっているさかまつ毛を抜いたり、目を傷付けてしまっている場合は点眼薬を使用することで炎症などを抑えるといったさかまつ毛の痛みの対処法をとることが一般的です。

 

 生えているまつ毛の大部分が逆向きになっている場合、さかまつ毛の痛みの根本治療として、手術に踏み切る人も少なくありませんが、例えば一本だけ逆向きに生えているという人の
さかまつ毛の痛みの対処法はどのようなものがあるのでしょうか。
一本だけとしてさかまつ毛の痛みの対処法として挙げられるのは手術だけではなく、ピンセットなどで抜いてしまうということもあります。

 

これが全体に渡る場合は、ピンセットなどで抜いたとしても再び生え変わってきたときにまた抜かなければならないため、手術をする人も多くいますが、一本だけや数本といった人はピンセットなどで目に当たってしまうまつ毛を抜くというのも対処法の一つです。

 

このように一本だけさかまつ毛になってしまった場合は手術などではなくピンセットなどで抜いてさかまつ毛の痛みの対処法とすることも可能です。
一本だけのために手術をするのは大袈裟なのでは、と不安に思う人も、角膜などの傷が深くなってしまう前に専門機関などの受診を受け早めに対処することが大切です。

 

【さかまつ毛の手術の種類】
さかまつ毛の痛みの原因を根本治療する対処法として、手術があります。
手術には、埋没法と切開法があり、これらは美容整形で一重の目を二重にするものと同じ手法です。
しかし、美容整形が手術後の目の形を重視するのと違い、さかまつ毛の手術ではあまり気にされません。

 

さかまつ毛の手術は保険適用のため美容整形よりもはるかに安く行えます。
費用を浮かせるためにこれを利用しようとする方もいますが、左右対称にならなかったなど仕上がりの美しさや自分の理想通りの目の形にしたいのであればお勧めできません。

 

【埋没法手術のメリット】
さかまつ毛の痛みの原因を根本治療する対処法として、切開法はまぶたを切開して治療しますが、埋没法は何点かまぶたを専用の糸で留める方法なので、手術の時間も短時間で終わり、腫れも少なく再度来院して抜糸をする必要もありません。
腫れは数日ではひきませんが数日後からメイクも出来るので仕事にも支障は出にくいと言えます。

 

 

【埋没法手術のデメリット】
さかまつ毛の痛みの原因を根本治療する対処法として、埋没法は何点かまぶたを糸で留めているだけなので、ごくまれにその糸がゆるんだり切れて元に戻ってしまうこともあります。
絶対元に戻ってほしくない、ダウンタイム(腫れている時間)やメイクができない期間は長くてもいいという方は埋没法ではなく切開法がお勧めです。

スポンサーリンク