さかまつ毛 一本だけ 対処法

一本だけさかまつ毛になった際の対処法

スポンサーリンク

ちくちくとした痛みだけでなく、目を傷つけてしまうため視界もぼやけたりごろごろとした違和感が気になるさかまつ毛ですが、
一本だけ逆向きに生えている場合の対処法としてはどのようなものがあるでしょうか。

 

【さかまつ毛とは】
 さかまつ毛とは、眼科的に眼瞼内反症と、睫毛乱生症の二つに分けられます。
原因はさまざまですが、どちらも何らかの原因によって通常体から外向きに扇状に揃って生えるまつげが逆向きに眼球に向かって生えている状態のことを言います。

 

眼瞼内反症とは、まつ毛全体が通常の逆に眼球へ向かって生えている状態で、睫毛乱生症は正常に生えているまつ毛がある中で、
一部不規則に生え眼球に向かっているものもある、という状態を指します。

 

【さかまつ毛の対処法】
 さかまつ毛の場合、根本的な原因はその生え方にあります。
そのため、原因を根本治療する対処法としては、最終的には手術という選択肢に辿り着きます。

 

子どもの場合、成長とともに少しずつ症状の改善がみられる場合もあるため、
小学校を卒業するころくらいに時間が経っても症状が改善されない場合は手術を検討するのも一つの選択肢です。

 

しかし、多くの場合は痛みの原因となっているさかまつ毛を抜いたり、
目を傷付けてしまっている場合は点眼薬を使用することで炎症などを抑えるといった対処法をとることが一般的です。

 

スポンサーリンク

 

【一本だけさかまつ毛になった際の対処法】
 生えているまつ毛の大部分が逆向きになっている場合、手術に踏み切る人も少なくありませんが、
例えば一本だけ逆向きに生えているという人の対処法はどのようなものがあるのでしょうか。
一本だけさかまつ毛の場合の対処法として挙げられるのは手術だけではなく、ピンセットなどで抜いてしまうということもあります。

 

これが全体に渡る場合は、ピンセットなどで抜いたとしても再び生え変わってきたときにまた抜かなければならないため、手術をする人も多くいますが、
一本だけや数本といった人はピンセットなどで目に当たってしまうまつ毛を抜くというのも対処法の一つです。

 

このように一本だけさかまつ毛になってしまった場合は手術などではなくピンセットなどで抜いて対応することも可能です。
一本だけのために手術をするのは大袈裟なのでは、と不安に思う人も、角膜などの傷が深くなってしまう前に
専門機関などの受診を受け早めに対処することが大切です。

スポンサーリンク