さかまつ毛 症状 対処法

さかまつ毛の症状と対処法

スポンサーリンク

通常とは逆に内側に向かって生えてきてしまうさかまつ毛による異物感や痛みと言った症状に悩む人は少なくありません。
正しい対処法を知ることで、目を守り快適な生活を送ることが可能です。

 

【さかまつ毛と日常生活】
 私たちの生活に視界から取り込む情報量は少なくありません。
それほどまでに最早生活上当たり前ともいえる視界からの情報ですが、例えば、目に不快感があったりまつ毛やごみが目の中に入った時の違和感を思い出すとそれだけで憂鬱な気分になる人も少なくありません。

 

しかし、まつ毛の生え方によってはさかまつ毛と呼ばれ、通常眼球と反対に外側へ向かって生えるまつ毛が眼球に向かって内側に流れてしまう症状に悩む人も多くいます。

 

【さかまつ毛の症状】
 さかまつ毛はその名の通り、通常とはさかさに内側に向かって流れてしまうまつ毛の事を指します。
これはまつ毛全体にこの癖が見られる場合もあれば、一部分だけがさかさに生える場合もあります。

 

その症状としてはごろごろとした異物感やちくりとした痛みなどさまざまです。
特にまばたきの度に覚える違和感や痛みに苦しむ人は少なくありません。
また、まつ毛が眼球に触れることにより眼球を傷付けてしまい、目が充血する、光が通常以上に眩しく感じるといった症状も見られます。

 

スポンサーリンク

 

【対処法について】
 さかまつ毛の症状が見られた場合、特に光がまぶしいといった症状の場合は目を傷つけてしまっている可能性があるため、できるだけ早く専門機関を受診し正しい対処法を実践することが大切です。

 

また、さかさまつ毛を自分で抜くという対処法を取る人もいますが、再び同じ毛穴から同じ角度で生えてくる可能性も高いため、目を傷つけることを防ぐためにも一度はしっかりと医師の診察を受けることがおすすめです。

 

また、目を傷つけてしまっている場合は点眼薬などによる対処法も取り入れます。
このようにその症状や状態によってとる対処法はさまざまです。

 

このようにさかまつ毛の状態や症状によってさまざまな対処法が取られます。
自分に合った対処法に悩む場合は一度専門機関の受診を受けることがおすすめです。

スポンサーリンク