さかまつ毛  下まつげ  手術法

さかまつ毛 下まつげの手術法

スポンサーリンク

みなさんはいま、さかまつ毛の手術をしようと思っているときかもしれません。
さかまつ毛の手術には、どのような点を注意しなければならないのでしょうか。
下まつげの場合、さかまつ毛の手術法とそれ以外の手術法にはどのような違いがあるのでしょうか。

 

【埋没法と切開法の手術法】
まず、みなさんがさかまつ毛の手術について知らなければならないのは、埋没法と切開法という二つの手術法の種類があることであり、 下まつげの場合、さかまつ毛の手術はどちらを選択しなければならないかということです。

 

スポンサーリンク

 

【埋没法という手術法】
まず、さかまつ毛の手術法として、埋没法があります。
埋没法は、 皮膚の一部分を埋没させて、針で縫って止めるという手術をおこなって行きます。

 

実際にはとても簡単な手術であり、上まつげの逆まつげの手術という場合はこちらの方法で行われることが多いです。
手術後、多くの場合、二重になります。

 

【切開法】
そして、もうひとつさかまつ毛の手術法として、切開法があり、こちらは、下まつげの逆まつげで行われる手術です。
下まつげの、 目の下、涙袋のあたりを目のラインに沿い切開していきます。
実際に、下まつげの手術で注意しなければならない点は、手術後には、顔の印象ががらりと変わってしまうこともあることです。

 

実際には下まつげの場合も、簡単に出来る手術なのですが、手術しようかどうしようか迷いも、このあたりの問題でみなさんに起こるのではないでしょうか。

 

【美容整形で行われる二重手術と同じ】
そして、みなさんは、あれ?と思うのかもしれませんが、さかまつ毛の手術は、美容整形で行われる二重手術と同じであり、だから、下まつげを治療して顔が変わってしまうかもということも多少心配をしなければならないのです。

 

しかし、美容整形で行われる二重手術では、ほとんど保険適用になることはありませんが、これら手術の場合、保険適用でも治療を受けることが出来る場合もありますので、そのときは眼科で診察・手術を受けてください。

スポンサーリンク