さかまつ毛 症状 上にできる 原因

上にできる症状のさかまつ毛の原因とは

スポンサーリンク

さかまつ毛に悩んでいる方は多いと思います。
良くあることだと思われていますが、実は目の疾病のひとつなのです。
中には、放置しておくと角膜に傷がつき、視力が落ちる可能性もあります。
症状のひとつ、上にできる場合の原因、治療方法をご紹介いたします。

 

【さかまつ毛の症状とは】
さかまつ毛とは、通常は目の外に向かって生えているまつげが、眼球の中の方へ向かって生えてい症状のことを指します。
まつげが中に入ってしまうことによって、眼球に触れていることになります。

 

眼球に触れなければ特段問題はありませんが、触れると傷がつくことになりますので、治療が必要となります。
症状によっては手術を行うこともあります。

 

【上にできるさかまつ毛の原因】
上にできるさかまつ毛は、上眼瞼の睫毛内反と呼ばれています。
生まれつき眼球へ向かって生えていることが原因だったり、結膜やまぶたに病気があった時を
考えてみましょう。

 

治った痕の状態によっては、まつげの元となっている毛根の角度が曲がってしまうことにより、さかさまつ毛の原因となることもあります。
また、アジア人の3歳までの子どもには良く見られます。

 

スポンサーリンク

 

【上にできるさかまつ毛の治療方法】
上にできる症状のさかさまつ毛で、眼球に傷をつけている、もしくは傷をつける原因となりそうな場合には、まつげを伸びたら抜く方法が主に行われています。
注意点としては、自分で抜くのではなく、眼科医に行ってもらう必要があります。

 

【上にできるさかまつ毛の手術】
症状やまぶたの状態などによっては、手術を行うこともあります。
まぶたが厚みを帯びていることが原因の場合には、皮膚を切開をして、まつ毛が外向きになるように縫い縮める手術方法が行われます。
手術は局所麻酔で、おおよそ1時間ほどで終了します。
痛みはあまりありません。

 

上にできるさかまつ毛は、症状や状態によってはかゆみが起こるだけでなく、視力にも影響を及ぼす原因となります。
目に違和感を感じたら、できるだけ早く専門の眼科クリニックを受診するようにしましょう。

スポンサーリンク