さかまつ毛  赤ちゃん 原因

赤ちゃんがさかまつ毛になる原因とは

スポンサーリンク

さかまつ毛は決して大人にだけ見られる症状ではなく、赤ちゃんにも同じように起こります。
その原因は赤ちゃん特有のぷくぷくとした脂肪にあります。

 

【さかまつ毛の症状と原因】
 通常とは逆に目に向かってさかさに生えてしまい、そのまつ毛の毛先が眼球と触れてしまうことによりごろごろとした異物感や痛みを伴います。
また、目が傷付いてしまうことにより、白目部分の充血や涙の量が多くなったり、目やにが出るといった症状も起こります。

 

その原因はもともとの毛穴の向きなども関係しますが、まぶたの形や厚さ、目の周りの脂肪のつき方なども原因の一つとされています。

 

【赤ちゃんとさかまつ毛】
 このさかまつ毛の症状は、子どもや大人だけに見られるものではありません。
まぶたの形やまつ毛の毛流れの癖などによっても起こるこの症状は、まだ自分の症状を口で伝えることの出来ない赤ちゃんにも同じように起こります。

 

スポンサーリンク

 

【赤ちゃんのさかまつ毛の原因】
 さかまつ毛の状態の赤ちゃんは、大人と比較して見られやすいとされています。
これは、赤ちゃんの顔や目元周りにある脂肪が原因とされています。

 

しかし、少しずつ顔の筋肉などが発達するにつれて、ぷよぷよとした脂肪は少しずつ減少するため、それに押し込められる形で内側を向いてしまうまつ毛も次第に通常通り外側に流れ始めるため、成長と共に解消されていくことが多くあります。

 

【赤ちゃんにさかまつ毛の症状が見られたら】
 痛みなど気にしたように見えなくても、その異物感から目を強く擦ってしまう恐れがあるため、周囲の大人は悪化しないように対処することが必要です。
また、自己判断で目に入ってしまったまつ毛の毛先をカットしてしまうと、再び毛が伸びた際に切った鋭利な断面で目の表面を傷付けてしまう可能性もあるため、十分注意が必要です。

 

このように赤ちゃんに起こるさかまつ毛の原因は特有の体つきによるものも大きいため、周囲の大人が正しく対処することで自然に症状が改善することも多くあります。

スポンサーリンク