さかまつ毛  手術跡 対処法

手術跡にできるさかまつ毛の対処法とは

スポンサーリンク

本来生えるべき外側ではなく、内側にまつげが生えてしまう、さかまつ毛は目に違和感や痛みを伴うこともあるだけでなく、角膜に傷がつく目の疾病のひとつで、治療が必要とされます。
さかまつ毛の状態によっては、対処法のひとつとして手術も必要されますが、どのような手術を行うのか、手術跡は目立つのか気になるポイントをご説明いたします。

 

【さかまつ毛とは】
目を保護する役割があるまつげは、もともとは外向きに生えるものですが、何らかの原因で上のまつげ、もしくは下のまつげが内側に向かって生えることがあります。
生まれつきの方もいれば、目の手術をしたことにより、手術跡の関係でさかまつ毛となる方もいます。
また、乳幼児はさかまつ毛になりやすく、加齢によっても症状が起こることもあります。

 

【さかまつ毛の治療方法】
自覚症状がなく、程度も軽い場合には、眼科で原因となっているまつげを抜く治療方法が行われます。
ただ、充血の原因となったり、違和感の元となったり、角膜を傷つけると角膜びらん、角膜潰瘍といった状態になるおそれもあるケースでは、手術を行うこともあります。
また医療的には問題はないものの、まつげを抜くのが苦痛であったり、美容的な意味で手術を選択する方もいらっしゃいます。

 

スポンサーリンク

 

【さかまつ毛の対処法とは】
手術方法にもいくつか種類があります。
患者の症状によって、もっとも良いと思われる対処法が選ばれます。

 

手術跡が気になる方向けに、切開をするのではなく、まぶたの中に専用の糸を縫い込ませる埋没法と呼ばれる対処法の他、まぶたの皮膚を切開して、瞼を縫い付ける切開方法の2つが主なものですが、その他にも、眼輪筋短縮法と呼ばれる方法があります。

 

【手術跡の対処法とは】
対処法のひとつ、埋没法の手術はまぶたに数か所糸で縫って、皮膚を上げるという方法です。
手術跡は小さく、まったくと言ってよいほど気になりません。
切開の場合は、皮膚を横に切りますので、手術跡が多少残ることがありますが、下まぶたの場合は目立たないことが多いです。

 

さかまつ毛の手術は、眼科での対処法ですと保険が適用されます。
どの方法で手術をするか、手術跡はどうなるのか、事前に医師と相談して納得の上、施術をお願いしましょう。

スポンサーリンク