さかまつ毛 手術 埋没法

さかまつ毛の埋没法手術とは?

スポンサーリンク

さかまつ毛とは、まつげが通常とは逆の、眼球側に向かって生えることを言います。
さかまつ毛は、まつ毛が眼球を傷つけ痛みや目ヤニがでるだけでなく視力の低下の原因にもなります。
治療法として、切開法や埋没法などの手術で簡単に治すことができます。

 

【さかまつ毛の手術の種類】
さかまつ毛には、赤ちゃんに多いまぶたの脂肪が厚くまつ毛が眼球側を向いてしまうものや、加齢によりまぶたの筋肉の衰えからまつ毛が眼球側を向いてしまうものまでさまざまです。

 

改善するための手術には、埋没法と切開法があり、これらは美容整形で一重の目を二重にするものと同じ手法です。
しかし、美容整形が手術後の目の形を重視するのと違い、さかまつ毛の手術ではあまり気にされません。

 

さかまつ毛の手術は保険適用のため美容整形よりもはるかに安く行えます。
費用を浮かせるためにこれを利用しようとする方もいますが、左右対称にならなかったなど仕上がりの美しさや自分の理想通りの目の形にしたいのであればお勧めできません。

 

スポンサーリンク

 

【埋没法手術のメリット】
切開法はまぶたを切開して治療しますが、埋没法は何点かまぶたを専用の糸で留める方法なので、手術の時間も短時間で終わり、腫れも少なく再度来院して抜糸をする必要もありません。
腫れは数日ではひきませんが数日後からメイクも出来るので仕事にも支障は出にくいと言えます。

 

【埋没法手術のデメリット】
埋没法は何点かまぶたを糸で留めているだけなので、ごくまれにその糸がゆるんだり切れて元に戻ってしまうこともあります。
絶対元に戻ってほしくない、ダウンタイム(腫れている時間)やメイクができない期間は長くてもいいという方は埋没法ではなく切開法がお勧めです。

 

毛が生えてくるたびに抜くのはめんどくさいし痛く嫌ですよね。
埋没法をすればさかまつ毛もあっという間に治ります。
目は一生ものです。
傷がついて視力低下になると大変!そうなる前にぜひ、眼科医に相談してみてください。

スポンサーリンク