さかまつ毛 二重 埋没法

さかまつ毛手術で二重にする時の埋没法

スポンサーリンク

さかまつ毛のため手術をしなければならない人たちもいるようですが、果たして、そのときどのような流れで手術が行われているのかここでチェックをしましょう。

 

【さかまつ毛の手術の方法】
さかまつ毛の手術の方法には、治療しておこなうものがある一方では、 二重のような、美容整形のための手術がおこなわれることがあります。

 

【そもそもさかまつ毛とは】
それは、まつげが内向きに生えてくる病気なのです。
本当ならまつげは、 外向きに生えてくるものです。
しかし、先天的影響や加齢によってまつげが内向きに生える場合があります。

 

そして、そのような症状によって、角膜に触れて充血を生じさせたりして、目に違和感を与えたりします。

 

スポンサーリンク

 

【さかまつ毛の治療方法】
さかまつ毛の手術には、大きく分けて二つの方法があります。
切開法では、まぶたの皮膚を切って、内向きになっているまつげを正常の位置にしていきます。

 

そして、 埋没法では、まぶたに二重の筋を作って縫い合わせていって、角膜にまつげがつかないようにしていく方法です。

 

埋没法の手術を選択した場合、 皮膚を切開するということではなく、二重を作るような感じで、糸で縫って止めていく方法をとります。
それは二重を作るような感じでおこなわれ、 切開法と比べて、まつげがしっかりと上がりにくいデメリットはありますが、ほとんど傷跡が判らない程度です。

 

【さかまつ毛の二重に埋没法の手術はどこで受ける?】
さかまつ毛の切開法、二重の埋没法を受ける場合など、注意をしなければならないのは、 切開法には基本保険が適応されますが、 二重の埋没法は、一部に保険適用があるということです。

 

そして注意をしなければならないのは、眼科・形成外科の手術では保険診療でおこなわれ、美容整形の場合と費用にかなり差があることです。
保険適用の場合は、もちろん、あくまでも逆さまつげを治すための手術としておこなわれて行きます。

 

しかし、二重の埋没法の場合では、美容整形での診療は、治療とともに術後見た目の美しさを目的として解釈されることがあります。
それは二重のために埋没法にしたいという人たちにも共通する解釈なのです。

スポンサーリンク